2017年に仮想通貨にどっぷりとハマっていた人からすれば常識となっている『仮想通貨の匿名性(匿名通貨)』ですが、しばらく離れていた自分にとっては一から勉強し直す必要がありそうです。

数年前、ビットコインやリップルを初めて知った時、「仮想通貨は匿名性が売り」「ビットコインは追跡できない」と認識していましたが、今となっては古い考えのようです。

ビットコインはアドレスの持ち主が特定されれば、いつ・誰が・どれくらい送金したかも追跡可能ということです。

そこで登場したのが持ち主や送金履歴を特定することのできない仮想通貨(匿名通貨)となります。

2018年は、この『仮想通貨の匿名性(匿名通貨)』が更に注目を集めそうです。

目次

注目されるであろう匿名性の高い仮想通貨

まだ勉強中なので間違いもあるかもしれませんが、適当に有名どころで匿名性の高い仮想通貨を挙げてみます。

Dash(ダークコイン・ダッシュ)DASH

Dash(ダッシュ)とは

Dash(ダッシュ)は公開当時はダークコインと呼ばれていたようですが、今現在はDash(ダッシュ)で定着しています。今後、ダークコインと呼ばれる頻度は少なくなってきそうなのでダッシュで覚えておいて問題ないと思います。

『CoinJoin(コインジョイン)方式』と呼ばれる仕組みが取られており、ダッシュを送金すると直接送金先へ届くわけではなく、一旦プールされた後に相手へと届きます。1対1送金ではなく、プールで複数ごちゃまぜとされる為、匿名性が高まる仕組みとなっています。

ビットコインやイーサリアムで採用されているブロックチェーンとは異なる仕組みではありますが、「X11」と呼ばれる複数のハッシュ関数を用いている為、匿名性を保ちちつもセキュリティ的に劣らない仮想通貨となります。

Dash(ダッシュ)の単位

DASH

Dash(ダッシュ)の時価総額

約1兆円(2018年1月3日)

Dash(ダッシュ)の発行上限

2,200万DASH

Dash(ダッシュ)の現在価格

1DASH=132,500円(2018年1月3日)
1DASH=0.075BTC(2018年1月3日)

Dash(ダッシュ)の高値

1DASH=169,000円
1DASH=0.1125BTC

Dash(ダッシュ)が買える取引所

  • Hitbtc(ヒットビーティーシー)
  • Binance(バイナンス)
  • Yobit(ヨービット)
  • Poloniex(ポロニエックス)
  • coincheck(コインチェック)

ダッシュを取引する上で、口座開設してもらえると一番ありがたいのがアフィリとなっているコインチェックですが、一番おすすめできない取引所でもあります。

コインチェックの場合、ダッシュは販売所での扱いしかない為、表示はされていないもののスプレッド(実質的な手数料)があるはずです。

取引所で取引するにはHitbtc、Binance、Poloniex辺りがおすすめですが、海外取引所なので口座開設に手間が掛かるのは勿論のこと、BTC建てでしか扱いがない為、まずはBTCを買ってから送金する必要もあります。

簡単に買うならコインチェック、手数料を抑えたいなら海外取引所でのBTC建てがおすすめ。

Yobitだけはちょっとよくない噂もあるので注意したほうがいいかと。まー小額であれば心配する必要もないと思いますが。

Monero(モネロ) XMR

Monero(モネロ)とは

Monero(モネロ)もダッシュと同じく匿名性の高い仮想通貨となっています。特徴としては匿名性に特化したアルゴリズム「CryptoNight」を採用しており、「リング署名」と呼ばれる技術を使っています。

リング署名はグループの一員であれば誰でも署名可能なデジタル署名の一種であり、と売り引き情報から流通ルートを特定できない設計となっています。

モネロの場合、リング署名の中でも特に匿名性の高い「ワンタイムリング署名」が使われているようです。

処理時間は2分程度でビットコインに比べて早いと言えますが、ダッシュなどと比べるとやや遅く、拡張性にも乏しいという問題があります。ただ、匿名性の高さとコミュニティの努力があり、時価総額としてはダッシュ同等、仮想通貨全体でも10位くらいとなっています。

Monero(モネロ)の単位

XMR

Monero(モネロ)の時価総額

約6,700億円(2018年1月3日)

Monero(モネロ)の発行上限

上限記載なし

Monero(モネロ)の現在価格

1XMR=43,000円(2018年1月3日)
1XMR=0.024BTC(2018年1月3日)

Monero(モネロ)の高値

1XMR=54,000円
1XMR=0.031BTC

Monero(モネロ)が買える取引所

  • Hitbtc(ヒットビーティーシー)
  • Binance(バイナンス)
  • Bittrex(ビットトレックス)
  • Poloniex(ポロニエックス)
  • coincheck(コインチェック)

モネロの取引所に関してはダッシュの時と全く同じ説明となります。

手軽に買うならコインチェック。日本円で買えるし、クレジット購入も可能です。ただし、スプレッドという形で手数料が取られます。

手数料を抑えたいのであれば海外の取引所でBTC建てで買うしかありません。Hitbtc、Binance、Poloniexで口座開設をし、ビットコインを送る必要があります。Bittrexは2018年1月上旬現在、日本からの新規申込受付停止中です。

Verge(バージ)XVG

Verge(バージ)とは

Verge(バージ)の大きな特徴としては「Tor(トーア)」と「i2P(アイツーピア)」の技術が使われている点です。

Torは接続経路の匿名化、i2Pは通信の始点と終点を匿名化し、更に端点間の通信内容も暗号化するといったもの。片方だけでは完全な匿名性は確保できませんが、この2つが備わることでバージは高い匿名性を保つことができるものとなります。

そして更にバージが人気となっている理由として、「レイスプロトコル」の実装予定が挙げられます。

バージが提唱するレイスプロトコルとはユーザーがVergeブロックチェーンのオープン台帳(公開台帳)とプライベート台帳(非公開台帳)を選べるというものです。オープン台帳でも、第三者が送信元と受信元を特定するのは困難であり、一定の匿名性が保たれています。プライベート台帳となると匿名性はほぼ完全に保たれていると言えるでしょう。

バージはこういった独自の匿名性を売りにしており、投げ銭用の仮想通貨としての流通が期待できます。承認時間も数秒となっており、モネロより早く、ダッシュと遜色ないスピードです。

Verge(バージ)の単位

XVG

Verge(バージ)の時価総額

約2,400億円(2018年1月3日)

Verge(バージ)の発行上限

165億XVG

Verge(バージ)の現在価格

1XVG=17円(2018年1月3日)
1XVG=0.0000097BTC(2018年1月3日)

Verge(バージ)の高値

1XVG=29.6円
1XVG=0.000018BTC

Verge(バージ)が買える取引所

  • Binance(バイナンス)
  • Bittrex(ビットトレックス)
  • Hitbtc(ヒットビーティーシー)

バージはダッシュやモネロに比べ後発ということもあり、売買できる取引所は更に少なくなっています。

まず、コインチェックでバージを売り買いすることはできません。バージを買うなら海外取引所が必須となります。

その中でもXVG/BTC取引が活発に行われているのはBinanceとBittrexのみ。Hitbtcは出来高が乏しいと言われています。

現状、Bittrexの新規口座開設が停止状態となっている以上、バージを取引するなら実質的にはBinance一択ということになります。

Zcash(ジーキャッシュ)ZEC

Zcash(ジーキャッシュ)とは

匿名通貨4つ目は、Zcash(ジーキャッシュ)です。本来ですとダッシュ、モネロ、ジーキャッシュが匿名通貨御三家と言われており、バージよりも先に説明すべきなのですが、時価総額順だと4番目になります。(仮想通貨全体ではなく、匿名性の高い仮想通貨では4番手)

ジーキャッシュのICO当初は「第二のビットコイン」と呼ばれ、買いが殺到したようですが今は価格も落ち着いています。

ジーキャッシュはビットコインと同じく発行上限2,100万、半減期が四年に一度訪れるマイニング方式が取られています。こういった類似点が第二のビットコインと言われる所以だったのでしょう。

ビットコインと大きく異なる点は高い匿名性。ジーキャッシュの場合、「ゼロ知識証明(Zero-Knowlege proof)」という暗号技術が使われています。

ゼロ知識証明のウィキペディアを見ると、次の3条件を満たしていないといけないという定義があるようです。

完全性: 真であることを確認する側(検証者)は、証明する側(証明者)の持っている命題が真であるならば、真であることが必ずわかること。

健全性: 証明者の持つ命題が偽であるなら、検証者は高い確率でそれが偽であると見抜けること。

ゼロ知識性: 証明者の持つ命題が真であるなら、検証者が不正して証明者から知識を盗もうとしても「命題が真である」以外の何の知識も得られないこと。このゼロ知識性は、どんな検証者(知識を持たない)であっても、正しい証明者と対話したかのような対話記録を生成できることだと記述することもできる。

これを実装したジーキャッシュはダッシュ、モネロ、バージ以上の高い匿名性、最強の匿名通貨と言っても過言ではないでしょう。

ちなみに大手投資銀行のJPモルガンがジーキャッシュのプライバシー技術を採用しているとのことです。

Zcash(ジーキャッシュ)の単位

ZEC

Zcash(ジーキャッシュ)の時価総額

約1,900億円(2018年1月3日)

Zcash(ジーキャッシュ)の発行上限

2,100万ZEC

Zcash(ジーキャッシュ)の現在価格

1ZEC=64,000円(2018年1月3日)
1ZEC=0.0365BTC(2018年1月3日)

Zcash(ジーキャッシュ)の直近高値

1ZEC=76,000円
1ZEC=0.0428BTC

※ジーキャッシュはICO直後、約3,300BTC、日本円で2億円といったありえない急騰となったようなので他通貨との比較用として直近高値を挙げておきます。

Zcash(ジーキャッシュ)が買える取引所

  • Binance(バイナンス)
  • Bittrex(ビットトレックス)
  • Hitbtc(ヒットビーティーシー)
  • Bit z(ビットジー)
  • Poloniex(ポロニエックス)
  • coincheck(コインチェック)

ジーキャッシュはバージとは逆で、売買できる取引所は比較的多いようです。ただ、いずれも中国の取引所なのである程度のリスクがあります。

無難にBinance、Poloniex辺りでいいかと思います。

また、販売所ですがコインチェックでも売買可能。手数料を気にせず簡単に買いたい人はコインチェックでもいいかと思います。

匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)は買いなのか

2017年の年末時点で、匿名性の高い仮想通貨が人気となっているのは事実です。ただ、仮想通貨全体がバブル気味の全面高となっているので、匿名性が突出した買い材料というわけではありません。

一応、2018年の仮想通貨でも仮想通貨の匿名性が注目を集めるだろうという記事も多いようです。先行して買っている人のポジショントークということもありますが、それでも推奨する記事が多いということはそれだけ話題を集める要因になると言えるでしょう。

個人的にも匿名性の高い仮想通貨が今年の重要テーマになるだろう期待しています。

今はまだ一つも保有していませんが、タイミングを見て買おうかと思っています。

匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)の問題点

ビットコインが登場した当初は、仮想通貨自体が匿名性が高く、マネーロンダリングに使われるのではないかとの懸念がありました。

実際、今現在もビットコインは取引所を介さず売買することもできる為、マネーロンダリングに使われているだろうと思います。また、以前には違法薬物の売買が可能な闇サイト「Silk Road(シルクロード)」の決済手段にも使われていたようです。

ビットコインですらマネーロンダリング、闇サイトの決済という黒歴史があるので、更に匿名性が高まったダッシュ、モネロ、バージ、ジーキャッシュは懸念が持たれることとなりそうです。

当然、どの匿名通貨もそういった意図で開発、運営がなされているわけではありませんが、知名度が高まり認知度が増せば増すほどこういった問題点が浮上してくることは避けられないかと思います。

コインチェックの金融庁認可が遅れている理由⇒匿名通貨が原因?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2017年10月以降、仮想通貨の取引所は金融庁による認可制となりました。

2017年12月現在、認可登録が完了していなくとも、「みなし仮想通貨交換業者」扱いということで仮想通貨の取引所、販売所の運営は可能となっておりますが、今後は認可がなければ運営できなくなるはずです。

ビットフライヤー、ザイフ、GMOコインなどは既に仮想通貨交換事業者としての登録が完了しています。

しかし、大手のコインチェックは未だ認可登録が下りておらず、みなし仮想通貨交換業者扱いです。

これはなぜなのか。

ダッシュ、モネロ、ジーキャッシュの説明でも記載した通り、日本の仮想通貨取引所ではコインチェックのみ購入が可能となっています。これが金融庁認可の遅れを招いている原因となります。

匿名性の高い仮想通貨は、前述した通りマネーロンダリングや違法な決済に使われる懸念が払拭しきれません。追跡が難しいといわれる匿名通貨を扱っている取引業者を正式に認めれば、行政が仮想通貨の匿名性にお墨付きを与えたと捉えることもできてしまいます。

匿名通貨の場合、金融庁だけでなく国税庁などとの絡みも生じてくるので簡単に認可を下すことができないようです。

コインチェックが金融庁認可を得るには

匿名性の高い仮想通貨を金融庁、国税庁が完全に認めるというパターンは少し考え辛いかもしれません。

そうなると、コインチェックが金融庁の認可を得るには

『匿名性の高い仮想通貨の取扱いをやめる』

という選択を迫られるかもしれません。そうなった場合、現在取り扱われているダッシュ、モネロ、ジーキャッシュへの影響は避けられず、更に日本の取引所での取扱いスタートが期待されるバージへの影響も少なからず出てくるでしょう。

逆にコインチェックが今の状態を崩さずに金融庁による認可が下りた場合、匿名通貨への資金流入は更に加速する可能性が高いと言えます。

匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)の下落リスク

ここまでの状況をまとめると、匿名性の高い仮想通貨はユーザーには人気があるものの、国・行政としては悩ましい存在ということになります。

日本の金融庁、国税庁はもちろんのこと、アメリカでも中国でも、国の目が届かないような仮想通貨は一切認めないという決断を下すかもしれません。

コインチェックで扱いが禁止されることも匿名通貨の下落リスクですが、それ以上に現在メインで取引が行われているBinance(バイナンス)、Bittrex(ビットトレックス)、Poloniex(ポロニエックス)などでも禁止となってしまうようなことがあれば下落材料となることは確かでしょう。

2018年の仮想通貨市場で話題となるであろう匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)ですが、こういったリスクがあるということも知っておく必要があります。

ただ、個人的には匿名通貨が普及して欲しいという思いもあるので、先に書いたようにタイミングを見て買ってみようというスタンスに変わりはありません。