ICOに参加する為にもイーサリアムの枚数を増やしておく必要がありました。

で、ついでにハードフォーク予定なので新コインとなるEtherZero(イーサゼロ)も貰っておこうと考えたのですが…意外なところでハマってしまいました。

EtherZero(イーサゼロ)はいつもらえるのか?

この記事を書いているのが日本時間で1月20日の昼間なのですが、ツイッターを見てみると20日の夜という書き込みがチラホラ。そのツイートのソースは掲示板のまとめサイトのようです。

ハードフォークは日本時間1月20日朝方、4936270ブロック時点のはず

恐らく掲示板のまとめサイトの住人はイーサゼロの公式ツイッターが

「ハードフォークは4936270ブロック。グリニッジ標準時で1月20日10時半ごろ」

というツイートを見て言ってるのかなと思います。それだと確かに日本時間で20日の19時以降だと思いますが。

肝心のブロック数を見ると4936270ブロックは既に過ぎています。

公式の固定されたツイートでは

「ハードフォークは4936270ブロック。グリニッジ標準時で1月19日19時~21時」

と書いており、こちらの方が時間的には正しいかと思います。

つまり、1月20日昼時点で既にハードフォークは完了し、EtherZero(イーサゼロ)は誕生しているかと思います。

YObit.netでは既にEtherZero(イーサゼロ)の取引開始

ツイッターで未だに1月20日夜だと言っている人がいますが、既にYObit.netで取引がされていることを考えれば、ハードフォークは完了したと見るのが妥当かと思います。

ETZ / BTC 0.0025BTC

ETZ / ETH 0.025ETH

いずれもおおよそ3,000円くらいでしょうか。

イーサクラシック(ETC)と同程度の価値かと思います。

ETH/JPY取引が可能な取引所は?

で、話は昨日に戻るのですが、EtherZero(イーサゼロ)を貰うしにしても元となるイーサリアムが必要です。

まず、日本円から直でイーサリアムを買える取引所はZaif(ザイフ)QUOINEX(コインエクスチェンジ)となります。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は現在口座開設申請中のため売買ができず、とりあえずZaif(ザイフ)一択となってしまいました。

まー別にどっちでもいいのでZaif(ザイフ)に入金し、200万弱分くらいのイーサリアムを購入。

ここまでは特に問題ないかと思います。

Zaif(ザイフ)でもEtherZero(イーサゼロ)はもらえるのか

イーサゼロの公式ページ(https://etherzero.org/)を見るとCompatible Wallets(互換性のあるウォレット)とExchanges we are contacting(私たちが接触している取引所)があります。

ウォレット側、取引所側からの公式発表はなく、あくまでもイーサゼロ側からの発表なので取扱いが保証されたものではないかと思います。(YObitのみ事前に扱うことを明言し、既に取引が始まっています)

まーイーサゼロがビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック同等の流動性となれば全ての取引所が扱ってくるかと思いますが、日本の取引所の場合は未対応、もしくは対応したとしても大幅に遅れる可能性があります。

となると、自分で秘密鍵を扱えるウォレットに移動するのが間違いなさそうです。

Zaif(ザイフ)で買ったイーサリアムを移す必要があります。

Zaif(ザイフ)の出金制限に注意!

ここでハマりました。とりあえず買ったイーサリアムをマイイーサウォレットかハードウォレットのTREZOR(トレザー) 辺りに移動しようと思ったのですが、Zaif(ザイフ)から出金できない事態に!

初回の入金後1週間が経過しておらず、1日の出金が1万円相当額を超えてしまっています

初めて使用されるアドレス宛の出金につきましては、不正防止の観点から一時停止させて頂いております。

参りましたね。これで買ったイーサリアムを移すことができなくなってしまいました。

結局EtherZero(イーサゼロ)を貰うことはできないのか

結局、Zaif(ザイフ)にイーサリアムを預けたままでハードフォークタイミングを迎えてしまいました。

日本の場合、仮想通貨取引所の運営だけでなく、そこで扱う仮想通貨も認可を得る必要があるようです。

ビットコインゴールドは付与方針を示しながら、日本のどの取引所でも扱われていません。ビットコインダイヤモンドに関してはアナウンスすらなく完全スルー状態です。

日本の仮想通貨取引所はハードフォーク未対応がデフォとなるのか

おそらくですが、日本の取引所では今後、ハードフォークコインに基本的には対応していかないかと思います。

ビットコインゴールドくらいまではアナウンスしてしまった為、遅くなってもいつかは配布すると思いますが…。

ハードフォーク対応のためのシステムアップデートも面倒だし、金融庁など行政とのやり取りも面倒だと感じているはずです。スルーできるならスルーしてくるのかなと。

EtherZero(イーサゼロ)側が取引所やウォレットにコンタクトを取っていることは嘘ではないと思いますが、日本の取引所からは無視されてしまっている可能性も否定できません。

Zaif(ザイフ)を含む大手取引所がEtherZero(イーサゼロ)を扱わない可能性は十分高いでしょう。

今後、ハードフォークコインを貰うためには

カウンターパーティーリスクを犯して海外の取引に置くか、自分で秘密鍵を管理できるウォレットに移すしかありません。

今回、急いで入金してイーサリアムを買ったのですが、秘密鍵を自分で管理できない取引所に置いてしまった以上、付与されないということを覚悟しなければなりません。残念です。