ビットコインが70万円割れ、イーサリアムも7万円割れ、リップルも70円割れ、待ちに待った押し目到来となっています。

ただ、先日この付近でイーサリアムとリップルを買ったばかり、更にコインチェック問題やテザー問題でもう一押しあるのではと思うと怖くて買い向かえなくなっているのが本音です。

また、株式市場でもここ最近では一番の暴落日となりました。日経平均株価は一時1600円安という脅威の下げ幅。新興市場はもっと悲惨な感じでした。

仮想通貨と株、どっちのダメージが大きいのか

パっと見、仮想通貨は軒並み前日比20~30%安となっています。これは株で言えばストップ安も突き抜けてるほどの下落率。仮想通貨の方が食らってるのは確かですね。

ただ、拾ったイーサリアムでICOに参加したり、バイナンスやクーコインで草コイン買ってるせいで被害額が曖昧となっており、あまり負けている気がしないんですよね。

また、仮想通貨は完全長期目線ということで目先の下落は気にしていないというのもあるかもしれません。

株はNISA枠以外は基本的に短期~中期なので、流石に本日の下げはダメージありありですね。ただ、空売りも多少持っていたので助かりました。

あとは買いたくても高くて買えなかった優待株をちょこちょこ拾ったりといった一日。本当は仮想通貨も安い草をちょこちょこ拾うべきなのかもしれません。

どっちのダメージが大きいかと言えば当然仮想通貨の方なんですが、心象的には株の方が痛い一日でした。

仮想通貨の追加購入タイミングは

株は今日、打診でいろいろ拾ってみました。仮想通貨の方はまったく触っていません。

今夜テザー問題が動きそうなのと、コインチェック問題も控えているのが買い向かえない理由となっています。

他にも小さい問題はいろいろあるのですが、まずはこの2つが過ぎてから追加購入を検討したいと思います。

ビットコイン80万円、イーサリアム8万円に戻ってからでも遅くはないと思っています。