ビットコインやイーサリアムを持っているだけでも中長期で資産は増えると思いますが、短期で一攫千金を狙うのがこのブログのテーマなのでICOには積極的に参加し、草コインも適当に買っていく予定です。

ということで少し気になっていたトークンSelfKey(セルフキー)を買ってみました。これを草コインと呼んだらSelfKey(セルフキー)保有者に悪いですが…。

このブログでは草コインを海外取引所でしか買えない1ドル未満としておこうかと。

今回、コインチェック騒動で仮想通貨市場が揺れていますが思ったほど下げていません。イーサリアムなんかは逆に強く、ビットコイン比で0.1BTCを抜けてきています。リップルとの差も再び開いてきましたね。

ICO参加用に買っておいたイーサリアムをちょこっと使おうかなと思い、海外取引所でSelfKey(セルフキー)を拾ってみました。

今後、SelfKey(セルフキー)以外でもいいのがあれば買っていこうと思います。

SelfKey(セルフキー)=KEYに投資

SelfKey(セルフキー)のプレセールは逃してしまったのですが、上場直後よりは大分安くなってきたと思ったので拾ってみました。

SelfKey(セルフキー)は海外取引所として人気のKucoin(クーコイン)で売買することができます。

ビットコイン建てではICO後の最安値を割っていませんでしたが、イーサリアム建てでは割っていたので思い切って突撃!

イーサリアム建てで15万KEY購入。4ETHちょいで買いました。日本円で50万円ほどですかね。

Kucoin(クーコイン)は初めて使ってみましたがバイナンスよりはちょっと使い辛い気がします。あとはアプリもストアでインストールできるようにして欲しいですね。

SelfKey(セルフキー)トークンとは

SelfKey(セルフキー)を買おうと思った理由は単純に、ツイッターで話題に挙げている人がいたのでイナゴ的思想が第一です。

ただ、一応どういうものか調べ、納得した上で買わなければただの宝くじになってしまうのでぐぐってみました。

で、簡単に要約すると

  • SelfKeyアプリ(SelfKey Identity Wallet)でKYC(個人情報)を管理できる
  • SelfKeyアプリ(SelfKey Identity Wallet)を使うにはKEYトークンが必要となる

ということですかね。

たまたま、前回参加したICO【SwissBorg(スイスボルグ)】でKYCが必要ということを学んだので、その重要性と手間は認識していました。

ICOが更に普及し、マネロンなどの防止措置を徹底していくとなればSelfKey=KEYトークンの需要は増してくると思います。

また、仮想通貨のICOだけでなく、海外の銀行口座開設や移住などにおいても、グローバルな身分証明としてKYCが必要なってくるでしょう。

仮想通貨ユーザーだけではない広がりも期待できると判断しました。

まーこういうトークンを買っておけば自然と勉強せざるを得ないのでもっと詳しくなるかなという意味も含め、4ETHくらいの投資は妥当かなと。

1年半ぶりに再会した仮想通貨投資、わからないことだらけなので海外取引所も積極的に使っていき、ICOや草コイン投資の知識を深めていければと思っています。